アーカイブ | 8月 2016

  • ダイエットと大豆とランチについて

    ヘルシーなランチメニューは、ダイエットを成功させるための鍵とも言えます。痩せるためにはカロリーも気にしなくてはいけませんが、会社や学校でみんなと一緒の時などは、ダイエットメニューを一人で食べるわけにも行きません。ポイントをつかみ、賢くランチを選んで、食事の時間は楽しく過ごしましょう。食事の基本は1日に3食で、お昼に食べるのはそのうちの1/3になります。お昼の食事を無計画に食べていたら、せっかく痩せてきた体重もリバウンドすることだってあります。ランチメニューは、1日のトータルカロリーとか、エネルギー消費の時間なども考えながら決めていきましょう。

    ランチメニューでも選びたいのは、栄養バランスが良くて、しかもお腹も満たされる和食を選ぶとよいでしょう。一汁一菜以上を目標として、野菜は生野菜サラダを食べて、新鮮な酵素を取るようにしましょう。外食は炭水化物や糖質が多いですが、できるだけ低脂肪高タンパクなローカロリーのメニューを選びましょう。洋食でも、カフェランチなどは、ワンプレートに野菜や肉や魚などが、バランスよく乗っているケースがあります。お弁当を持参できる環境なら、たんぱく質や野菜類をたっぷりと入れたお弁当を作るといいでしょう。

    健康に良いと人気の大豆ですが、ダイエットにも良いとされています。大豆ダイエットのやり方はシンプルで、いつもの食事に、大豆を加えるだけです。含まれている大豆たんぱく質やイソフラボン、ビタミンB群といった成分は、脂質や糖質を効率的にエネルギーに変えてくれます。そして、体内における新陳代謝を向上させてくれますから、痩せやすい体質にもなりやすいです。オリゴ糖や食物繊維も豊富ですから、お通じも良くなります。