肥満細胞症の芸能人も実践しているダイエット

肥満細胞症は子供に多い病気ですが、生活習慣病の一つとして成人でも発病することがあります。皮膚や体のさまざまな部分に肥満細胞が異常に蓄積してしまうのが原因とされ、慢性化するとなかなか治りません。芸能人でも肥満細胞症に悩むことがあり、外見を維持するために様々なダイエットを実践しています。

芸能人は忙しくて自分でダイエットメニューを作ったり毎日ジムに通って運動をするなどの時間がないので、脂肪の吸収を妨げてくれる肥満治療薬などを使って効率よくダイエットをしています。ロケの弁当やグルメ番組の撮影などで脂っこいものを食べる機会の多い彼らは、服用することで食べた脂肪分を体に吸収させずに排出できる薬を上手に使って摂取カロリーをコントロールし、これ以上体脂肪が増えないようにしています。薬以外にも脂肪の吸収を抑える効果のある大豆製品や酒粕などの食品を食べたり、食欲を抑えるグレープフルーツなどを積極的に摂取することで肥満細胞症が進行したり慢性化するのを防ぐことができます。

体脂肪が増える元を減らすと同時に脂肪をしっかり燃焼させて落とせばより効果的です。一番いいのはジョギングや縄跳び、ヨガ、エクササイズなどの有酸素運動で、軽い運動を一定時間続けることで脂肪が燃焼して体が引き締まってきます。同時に筋肉がついて基礎代謝が上がり、痩せやすい体になることもできます。血液やリンパの流れもよくなるので内側から細胞が活性化されて美肌効果も期待でき、全体にバランスよく美しい体を手に入れることにつながります。

いつもきれいなスタイルを維持している芸能人も、実は様々な方法でダイエットに励んでいます。肥満細胞症の予防のためにも自分に合った方法で上手にダイエットを始めてみましょう。